プリウスの初代と買取相場

社会人になり初めて自分の車を、新車で買いました。
それがプリウス(初代)でした。
また発売されたばかりの平成10年、私が購入したのは夏でした。
この車に決めたのは、父がトヨタ車好きで、他のメーカーやトヨタ社もいくつか試乗、検討しましたが、車の試乗の際に「これならお父さんも乗りたいなぁ」と言ったのはプリウスでした。

この車なら・・・と親が少し援助してくれたことが大きなきっかけでした。
発売当初の燃費は 28.0km/㍑でしたが、燃費の良さも他の車にはない魅力で、今もそれは変わらないですね。
やはり、車を購入する際には周囲の人の意見がとても影響が大きいですね。

ハイブリッドではその後、ホンダのインサイトなどが発売されましたが、発売当初は、ハイブリッドカーはプリウスだけだったと記憶していますが、すごい話題と人気でした。
「21世紀に間に合いました」というキャッチコピーがついていたのが印象的で、まさにこの車がなければ今の日本のハイブリッドカー、電気自動車などは存在していないのではないかというほどに、日本の最近技術を詰め込んだ、自動車の概念が一新する、そんな車だと思います。

この車の購入がきっかけで、初対面の人とも話が盛り上がったり、ガソリンスタンドの人からは「ちょっとエンジン見せてもらってもいいですか?」と聞かれたり、おかげでいろいろな輪、会話に広がりが生まれました。
初代とはその後8年お付き合いをし、最後は買取専門業者に割と良い価格で買取して貰いました。

初代のオーナーになれたこと、たくさんの思い出を作ってくれたことから今でもプリウスという車には特別な思い入れがあります。
現在は燃費も初代より向上し、30~32km/lとなっています。
また近いうちに新型のオーナーになれることを心から願っています。

参考:プリウス買取で相場より高く売る査定のコツ

プリウスの購入と買取相場

最近、新しい車の購入を考えている。
いや、今乗っている車は買取業者に売るつもりなので、購入というより買い替えだ。

いまは、3ナンバーのワゴン車に乗っているのだが、自動車通勤をやめた事もあって、少々持て余している。
というより殆ど使用していない。
たまーに使えれば良い状態なので、軽自動車なりコンパクトカーなりへの買い替えを検討しているのだ。

そもそもワゴン車はでかくて、普段の買い物にはあまり向いていない。
嫁などは、デカイ車では車庫入れが出来なくて文句を言っているくらいだ。

世の中の流れでいけば、やはりプリウスやアクアなどのハイブリッドカーが順当だろうか。
エコの時代でもあり、嫁の受けもいい筈だ。

プリウスが内装もしっかりしていて良い感じだと思っている。
もっとも実際に実車を見てみないと何ともいえない。
あまりに狭いようだと、考えてしまうが、特に太っているわけでもないので、プリウスでも大丈夫かとは思っている。

しかし、ハイブリッドカーと言えば、充電池が思い浮かぶが、携帯のリチウムイオンのように、すぐに容量が少なくなったりはしないのだろうか?

車に搭載しているものは大型で高品質とはいえ、バッテリーの仕組み自体は変わらないはずだが・・
こういった問題があって、いざ売却となった際に、高値買取して貰えないようだと、ちょっと考えてしまう。